Follow us


0%

WE'RE DIGITAL PIONEERS DIGITAL TRANSFORM SCROLL TO EXPLORE ROBOTICS SOLUTION VIDEOGRAPHY & INFLUENCER IN NAGASAKI GOTO PURCHASE DIGIVICE MORE ABOUT US

DIGITAL TRANSFORM FACILITATOR

digivice co.

私たちdigivice(デジヴァイス)は、これから先の未来に向かうビジネス・産業に求められる、デジタル文明時代のイノベーションとクリエイティブ、そしてテクノロジーを、高次元で融合させたコンサルティングサービス、クリエイティブサービスを提供しています。

多様な社会的課題を解決すべく、リアル + デバイス × インターネット × ビッグデータ + AI人工知能事業を手掛けるスタートアップとして、イノベーション活動を推進しています。

また、オフィス兼、ラボラトリーでは、コワーキング・スペース、プロフェッショナルが集うワーケーション・シェアハウスを併設し、異なる分野間のコラボレーションにより、新しいアイデアへの実現のために、日々、高密度なディスカッションが行われています。

私たちは、これらの取り組みの中で、国連サミットで採択された「持続可能な開発目標:SDGs(Sustainable Development Goals)(出典: 国際連盟)」を主要課題の一つとして取り込み、事業を推進しています。

01

私たちの存在意義

INNOVATOR

 

私たちデジヴァイスは、東京や、ロンドン、ニューヨーク、シリコンバレー、イスラエルなど、先進国のイノベーション圏で、起業や事業開発、ファームにおける経験等を経て、デジタル・テクノロジー世代のテクニカル領域において、自らも手を動かすことができるスキルを備えているプロフェッショナルのチームです。

第4次産業革命後の超スマート社会の実現(出典:経済産業省)に向け、最新の「デジタル・テクノロジー」「先端デバイス」を活用し、本来の人の在り方と、子や孫、その先の未来まで継続が可能な真の幸福の実現を見据えた、次世代の私たちの生活と自然との調和を目指し、新しい時代へシフトするための様々なサービスを提供するデジタル・ライフ・イノベーターです。

Drones & Robotics(ドローン、ロボティクス)、センサーテクノロジーなどのデバイス・テクノロジーと、デバイス自動制御技術およびビッグデータを活用したAI/DeepLearning(人工知能、機械学習)、次世代システム基盤(クラウド・コンピューティング)を、高度なデジタル技術により融合し、様々な利便性の高いデジタル・デバイスや自動デバイスを提供する他、生き方改革+働き方改革の先駆者として、超スマート社会の実現や、デジタルワーク、ライフハック、スローライフなどの実現/継続するにあたり、課題となる様々な問題を解決するサービスをご提供します。

02

私たちが目指しているもの

VISION

 

豊かな日本の各地域に古来より息づく良き文化を大切にしながらも、古い体質化した組織や習慣を脱却し、新しいデジタル・テクノロジーを活用して、あらゆる人や組織、そしてロボットが相互に助け合い、補い合い、自由で新しい生き方、働き方を開拓しながら、各分野におけるデジタル武装を促進し、地方創生/再構築により、本来の人が幸せに生きるべき姿へ導いていくことを目指しています。

私たち自身が、あるいは、私たちのクライアント企業、そこで働く人々、また、それらのサービスを利用する人々の、生き方+働き方を、抜本的にイノベーションすることにより最効率化を実現し、社会全体が生産性を向上させ、新しい日本が世界に先駆けてのイノベーターになることを推進するような世界にしていくために、チーム一同、切磋琢磨しています。

また、既に世界から評価が高い、農業、水産、工業、調理技術などの日本の伝統技術を、さらにデジタル武装し、それらの源である「日本人の気質:匠の魂、平和な心」をデジタル技術にも継承させ、新しい日本のブランドとなる次世代のデジタル産業をお客様と共に共創して参ります。

未来を根本から変えていく。
常識のレベルを飛躍的にあげていく。

そんな世界創りが私たちが目指している事です。

03

私たちが提供するもの

QUALITY

 

私たちの品質標準は、単に完成された製品やサービスを単純に提供して満足度を高めるだけでなく、利用者、組織、社会、そして自然が、未来永劫に継続可能であること、そして、プロジェクトの開始時点から心から楽しめること、幸福を感じられる品質であることです。

デジタル破壊者による既存の産業の蹂躙(出典:経済産業省)だけではなく、地球温暖化、人口爆発、それに伴う食料危機や環境汚染などの世界的問題、我が国においては、少子高齢化による働き手の減少、20年伸びていない生産量(GDP)に対し上昇する税負担、地方においては、過疎化や産業老朽化による競争力低下に伴う産業不足、これに伴う若年層の離脱など、現在の超資本主義、大量生産社会の継続は不可能であるとされています。

このような時代背景の中で、政府は「デジタル庁」の創設を行い、「デジタルエコノミーの推進(出典:一般社団法人 日本経済団体連合会)」を加速化することに踏み切りました。このような改革は時として痛みや不安を生み出しますが、私たちは「好きで居続けられるもの」のクリエイションを第一に考えています。「好きが次々と生まれ、好きで居続けられる」から「高度なテクノロジーを正しく活用し、安心できる品質を生み出し、皆が継続的な繁栄できる」

これが私たちが最高の品質を継続的に提供できる理由です。

WE DO AMAZING WORK

  • DIGITAL TECH CONCIERGE
  • OUT SOURCE COORDINATION
  • DRONE & ROBOTICS ADAPTING
  • SHARING SKILL & EXPERIENCE
  • COWORKING SHARE HOUSE
  • INFULENCER BIG DATA MARKETING

戦略、クリエイティブ、テクノロジーを深い領域で両立させたレアなスキルを持つディレクターと、それぞれの領域のスペシャリスト集団により、最高次元で融合させたデジタル力を発揮。
これらのチームが、左脳をも用いたデザイン思考+リーン+アジャイルにより、フィジビリティの高い戦略を多角的に導き出し、一歩一歩着実に価値創造と変革を推進させます。

継続性(サステナビリティ)が高く、投資対効果(ROI)を繰り返し、ビジネスを加速させる。

「問題要因の因数分解」 -> 「本質を見抜き咀嚼する」 -> 「常にファクトベースである」 -> 「最短の結果を求め続ける」 -> 「輝き続ける。継続させる。」

デジタルなパートナーが用いるリソースは、デジタルフルなリソースです。

自動化するだけではなく、将来自動化、ロボティクス化に向けた準備や、ドローン、リアルロボットの活用及び、新しい人のオペレーションマネジメント、アセットの準備も行います。

全ての「不」「無」「困」を、継続可能な「楽」「美」「幸」に変換します!

OUR SERVICES

社員の他、パートナー企業、フリーランスを含む社内外の100人を超す精鋭集団=自らもコーディングまで行うことが可能で、その道のスペシャリストからも尊敬を集める「生え抜きの起業・事業開発経験を持ったプロフェッショナル」集団が、デジタル化促進 = ロボティクス導入 × 既存事業・システムの最適化 × 事業開発人員育成・組織制度変更を推進。

  • 起業・事業開発経験、あるいはファーム所属経験がある。
  • 10年以上のプレイングマネジメント経験がある。
  • 自らも手が動くフルスタックエンジニア、アーキテクトである。
  • 知的好奇心が旺盛で、世界レベルで社会の改善を志している。
  • 複数の趣味をプロレベルで追従している。

単独でも調達が難しい人財ですが、フル機能を備えているのがデジタル人材です。弊社でサービスやソリューションのディレクションを司る、このようなプロフェッショナルは非常に強力で、様々な産業やビジネスのトランスフォーメーションを包括的にご支援します。

CONSULTING

企業経営、産業開発、M&A、デジタル部隊組成、事業戦略、DX推進、企業インフラの次世代化、システム統廃合・クラウド移行、業務効率化・コスト削減、産業ドローン・ロボティクス分野の検証・導入、サテライトオフィス・業務アウトソーシング移行 などの領域におけるアドバイザリ、推進支援/代行サービスを包括的にご提供します。

ENGINEERING

クラウド・コンピューティング、DMP/データレイク構築/移行、次世代型システム構築、旧世代システム統廃合/次世代化コンバージョン、デジタル販売管理/電子マネー導入、ドローン制御ソフトウェア開発、無人端末管理基盤構築などにおける企画/設計・開発/テスト/運用代行サービス。

CREATIVE WORK

ホームページ制作、CMS導入、スマホアプリ制作、動画編集/制作、コンピューター・グラフィックス制作、モーション・グラフィック制作、VFX編集/適用、3Dモデリング、イラストレーション、CDNベースのコンテンツマネジメント、パンフレット/ハガキデザイン(QRコードイベント管理)、ライティングなどを短期間でご提供します。

DIGITAL MARKETING

マイクロ動画体験型セールスの導入支援/代行、CRM構築、クラウドCMS導入、データドリブン・マーケティング、マーケティング・オートメーション、ソーシャル・マーケティング、CX/UX開発、カスタマージャーニー制作、インフラエンサー・コーディネーション、その他、動画・電話クーポン・電子マネー活用による戦略的にご支援します。

STUDIO AGENCY

ドローンを活用した 写真/動画撮影サービス、空間・地形測量(ALMAPS/SBP/音響ソナー)、3Dモデルモデリング・VFX・VR等の、先端映像技術による次世代映像制作、写真/動画/ロギング機材レンタルサービス(空撮用ドローンレンタル、水中撮影用ドローンレンタル、GO PRO関連機材レンタル)をご提供しています。

OUT SOURCING

ロボティクス+フルクラウドなデジタルテクノロジーによる、

①食材マッチングサービス
②アクティビティ予約/顧客管理
③マイクロ動画マーケティングプラットフォーム などのオンラインサービス。

④ドローンオペレーションによる
業務、産業効率化サービス
⑤サテライトオフィス運営 などのオンサイトサービス。

INFLUENCER

Youtubeによるチャンネル動画配信、
レポーティング、インフルエンサー事業

①デジタル釣り研究所
②釣りラボ日記
③生き方研究所
④スローライフ&ワーケーションラボ
⑤ドローン活用研究所

動画の制作、配信、チャンネルを活用したコンサルティング。プロダクトマネジメント支援。

EXPERIENCE

①サテライトオフィス検証/導入
②ワーケーション環境の提供
③ドローン操縦体験/オペレータースクール/保守運用スクール
④エンジニア/クリエイター体験教室
⑤デジタルアウトドア体験
⑥デジタルアクティビティ体験(ロードサイクル、シーカヤック、ダイビング、トレジャーボート、車内泊/バーベキュー、観光)

ROBOTICS & DRONE

産業ドローンの販売/保守、産業ドローン管理プラットフォーム開発/運用、ドローン接続デバイス/センサー ソフトウェア開発/基盤統合開発、産業ドローン機器ハードウェア保守運用サービス、害虫駆除ロボットの開発/販売、空間測量・生態調査ロボット(空中海中の地形や状況、生体の追跡を視覚化、ビッグデータ構築による自動制御基板)の開発/運用サービス。
WE LOVE THEM. THEY LOVE US.

OUR PARTNERS

  • Microsoft Azure
  • Amazon Web Service
  • Google Cloud
  • QYSEA Technology Co., Ltd.
  • DJI
"世界各地にあるデータセンターとネットワークで構築されたクラウドサービスです。様々なコンピューティングの機能が利用可能で、インテリジェントなアプリケーションの構築、デプロイ、マネジメントを一元管理することができます。WindowsやOffice 365、Githubなどとも統合されており、日常業務をクラウド移行し、さらに容易にエンハンスすることができます。"Microsoft Azure
Cloud Service
"アマゾン ウェブ サービス(AWS)は、信頼性と拡張性に優れたクラウドコンピューティングサービスを低料金で提供しており、190か国の100万以上、日本国内では10万以上の政府、企業、個人が利用しているクラウド・サービスです。"Amazon Web Service
Cloud Service
"Google社により提供されているクラウド・サービスです。Google Map, Gmail, Google Earthなど、インターネットに関わるサービスが多いのが特徴です。"Google Cloud
Cloud Service
"QYSEAは、最大300mの深度まで潜航可能な世界をリードする無人海中ドローン(UUV)ブランドであり、水中の調査・冒険、映画やスポーツにおける映像制作において、真にプロフェッショナルな水中ドローンを提供することに専念しているドローンメーカーです。当社では水中撮影及び、水中産業、水中測量等の分野で製品を利用しています。"QYSEA Technology Co., Ltd.
Company
"マルチコプター・ドローンの分野におけるリーディングドローンメーカーです。一般向けドローンだけではなく、産業向けドローン、無人タクシー等の分野においても高く注目されている中国企業です。当社では空撮分野においてドローン製品を使用しています。"DJI Japan 株式会社
Company

WE'RE DIGIVICE

DIGIVICE(デジヴァイス)は、デジタル時代のテクノロジーを駆使し、世の中の様々なデバイスにAI(人工知能)/DeepLearning(機械学習)という命を吹き込み、自動化されたデバイスや、人のサポートを強力に行うデバイスを生み出していくスタートアップです。

超資本主義・大量生産時代は、利便性は飛躍的に向上し、何でも揃う時代に文明を育てた反面、地球資源を枯渇させ、貧富を拡大させ、様々な問題を生み出してきました。

ロボットや人工知能が育つにつれ、そのまま加速していては存続が不可能であるとされている中、私たちは永続的に継続可能な視野で物事を捉え、使い捨てや利益最優先を脱却し、社会貢献のためにデジタル技術を活用していくデベロッパーで在り続けます。

2021年には、ワイヤレス通信が5G時代(超高速ネットワーク)へ移行し、これに伴ってコネクテッドデバイス、スマートデバイスも、世の中の既存のコンテンツも、ネットワークを用いた我々のコミュニケーションの形態も、その在り方や可能性がネットワーク速度に比例して伸びていきます。

全てがインターネットに繋がる IoE(Internet of Everything)時代により、ビッグデータやセキュリティ、セーフティといった機能が実装された自動制御デバイスにより、私たちの生活も大きく変化に向かっています。

現在、地方自治体、大企業のお客様、大規模農園、大規模養殖、インフラ企業を中心にオープン・イノベーションの取り組みを実施しています。様々なデバイスにAIを吹き込んだ、新しいエコシステムによる未来を作り上げることを目指し、業界のリーディングカンパニーとして成長と進化を続けてまいります。

DIGITAL+DEVICE

デジタル時代に必要不可欠なイノベーション・アイデア、クリエイティブ、テクノロジーを高次元で融合し、AI搭載ソフトウェア等を含むデジタル・デバイス、ロボティクス、ドローン等を駆使して、クライアント企業の様々な問題・課題を解決し、売上/コスト削減に貢献しています。

【事例①】DX推進の包括ご支援

2017年 ~ 2019年 : 東証一部上場事業会社において、組織/人材のDX推進及び、サービスの統合とデジタル武装によるサービスDX化、これに伴うDX部門立ち上げ、人材教育、既存システム統合・刷新を行うプロジェクトを包括的にご支援。

プロジェクト予算は5カ年で100億円の投資。取り組みの必要性、マルチクラウド基盤を活用したシステム・アーキテクチャ、組織統廃合、サービス移行、システム統合/移行の推進方式を緻密に計画し株主向けにも広報することにより、株価は300%まで上昇。

人事領域のDX化で“組織”の活性化と“個人”の最大能力発揮させる新サービスをリリース、新サービスで必要となったサブスクリプション契約管理/請求・更新自動化、SFA連動、ポイント・電子マネー決済を含む決済システム、会計システム等のリプレイス。組織内で自律的にデジタル化を推進し、新規サービスのデジタル武装、既存業務のデジタル化によるコスト削減を行うDX推進部の熟成化を3年の取り組みで実現。

【事例②】デジタル版の公営競技を共創

2016年 ~ 2017年 : 公営競技のトータルマネジメント事業を手掛ける企業において、公営競技の競技券をウェブ上で販売可能にする仕組みを地方自治体と共に推進/実現。販売ウェブサイト、カスタマージャーニー、マネジメントシステムの構築及び、オペレーションセンター組成を実施するプロジェクトを包括的にご支援。

インターネットを活用した新しい販売の仕組み、決済方式の単純化、Google, Facebook等SNSを活用したデジタルマーケティングの推進により、2000万~/日の新しい公営競技売上を生み出し地方税制活性化に大きく貢献、バックオペレーションでは、SalesForceを用いた顧客マネジメント/コンタクトセンターを実現。チャットオペレーションやマイクロ動画やリッチコンテンツを活用したFAQサイトの実現、AIによるオペレーターのサポートにより、少人数でのマネジメント、コンタクトセンター体制を確立している。

THE OFFICE & LOCATION

拠点間のコミュニケーションはデジタル技術で最適化し、対面によるコミュニケーションよりも数多くの伝えるための、理解を促進するための仕組みを含め、コミュニケーション設計をしています。また、オフィスでは創造性をより豊かに、深く、高くできるように。浮かんだアイデアを仲間と共有しいち早く検証できるように、様々な機材を導入しています。

AIなどのデジタル技術が、我々人類よりも高い知能を有し、人を超えてくる世界を技術的特異点(シンギュラリティ)と言います。米国のAI研究第一人者、未来学者のレイモンド。カーツワイル博士によると、2029年にはAIが人間並みの知能を備え、その後、2045年にはシンギュラリティを迎えると言われています。その他の著作には、人をデジタル技術により拡張し、人の身体能力や認知能力を進化させるというトランスヒューマニズムなどの著書があります。

どのような世界か?例えば、農業では、1人の農業を行う人が同時に複数台のロボットと接続し、100haの田畑で同時に作業を行い、農作物の成長記録や害虫の発生状況などは全て自動でモニタリングされ、もしかするとDNAレベルでの改良計画が出てくる時代かもしれません。生産された農作物は、自動的に市場、あるいは消費者に知らされ、ドローンにより収穫/配送される。勿論、自然との共存もプログラムされている事が望まれます。

これらを視野に入れ、私たちは、毎日、チャンネル係制度により、世界のデジタル先端な取り組みコンテンツを放映する時間を設け、得意分野を問わずアイデアを創出できる環境作りにも取り組んでいる他、コワーキングスペースを併設したシェアハウスで同居することにより、必然的に毎夜のように濃厚なディスカッションにより、目指すべき未来が語られています。

VIDEO / MOTION

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.

Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

LATEST NEWS & TIPS

FROM THE BLOG